ぶろぐ屋茶莉庵

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西那須野・後藤文具店

僕らが小学校低学年のころは

コンビニなんてなくて

10円にぎりしめて


家の近くの「駄菓子屋」へ行くのが

それはそれは

愉しみであったものだ。



時代は変わり

コンビニが定着。

スーパーも増えて、大きくなり


昔の

いわゆる「ばーちゃん店」というものが

減ってしまった。


先日の勉強会で

一人の青年と出会った。


実家が文具店という。


西那須野。

槻沢(つきぬきさわ)小学校脇に

文具店はあった。


「文具店」には「駄菓子」も売っている。


昔はそんなこと当たり前だった。


こわいおばちゃんがいて


買わないと「さわるな」なんて怒られた懐かしい記憶。。。



後藤文具店。


訪れたのは

10月14日。

鉄道記念日の昼。

P1000137_R.jpg

前に2回ほど来てみたが

運悪く休みだった。


3度目の正直。


戸が開いているから

今度は大丈夫だ。

P1000138_R.jpg

自販機のテントシートには

「後藤文具店」とあった。


「こんにちわぁ」

中に入ると

昔ながらの「おばちゃん」はいなくて・・・

青年がお店番をしていた。

P1000139_R.jpg

アイスは定番だ。

P1000140_R.jpg

青年が言う。

「ちょっと前に、ケースを外して、店をすっきりさせてしまったんですよ」

僕が連想した「なんでもある」古きばーちゃん店ではなかった。

P1000141_R.jpg

文具店らしく、ノートが並ぶ。

この一角だけでも

僕は幼少期を思い出す。


商品は少なくなってしまったが

くまなく観察させていただく。

P1000142_R.jpg

「すいとるぞう」

いまや価格がわからないらしく棚上に隠してあった。

こういうものを見つけるのが楽しい。

ちなみに

希望者には100円くらいで販売しちゃうそう(笑)

P1000143_R.jpg

撤去して乾電池コーナーの跡。

いまやプレミアムな「SANYO」のロゴ入り看板がある。

コレクターにはたまらない。

P1000144_R.jpg

「コマひも」はあるが・・・

肝心な「コマ」は売っていない。

P1000145_R.jpg

学生時代よく使った

「サクラ」のマジックインキ。

箱入りの単品は珍しい。

※ちなみに、試し書きが必要※

P1000146_R.jpg

ミッフィーちんw

かわいいものも時には見つかる。

P1000147_R.jpg

低学年には「80円」は高価だった。

いまは買えても、興味があるかどうか・・・

P1000148_R.jpg

青年がつくったそうだ。

でも、僕はツッコミをいれた。

「モミジがないじゃん!」

・・・どうでもいい話なんですけど・・・

P1000149_R.jpg

僕も以前、姪のために同じものを作った記憶が。

・・・おなじ「おりがみ教本」じゃん!

P1000150_R.jpg

こういうものを昔は普通に売っていた。

ほんとうに「昭和」らしさがあって懐かしい。

P1000151_R.jpg

青年のおかあさんが書いた。

P1000152_R.jpg

あれ?

これが「おかあさん」じゃなくて?

そう

これが「青年」の作。


このギャップが面白い。

P1000153_R.jpg

口の中が黒くなる・・・

マルカワ、やるじゃんw

P1000155_R.jpg

ドクターペッパーとメローイエロー

ちなみに「ドクぺ」の瓶は製造されていないそうだ。

P1000156_R.jpg

10月14日の撮影です。

はたして

カップヌードルは完売できたでしょうか?

P1000157_R.jpg

この「カレー粉」という表現に

僕はググッときた。

確かに

昔はカレー粉って言ってたよなって。


最近は価格競争で

苦戦しているそうだ。



青年は

この店をなんとか立ち直そうと

いろいろ考えていた。


すごく前向きで

すごく明るい笑顔が

とても印象的だった。


僕はなにか応援できないかと

すこしだけアドバイスをさせていただいた。


これだけのスペースを

無駄にすることはない。


近くにコンビニはできてしまったが

隣りには

小学校がある。


住宅地もある。


やり方によっては

面白い店になる。


国道4号線。

西那須野市街地から那須塩原駅方面。

蛇尾川の橋の手前に

T字交差点があり

角にコンビニがある。

そこを右折し

左側に自販機が見えれば

後藤文具店である。


「ブログみました」といって

青年に声をかけてみてください。

さわやかな笑顔が

かえってくるはずです。

スポンサーサイト

大田原「ナチュラルベーカリー和音(わおん)」オープン!

新しいお店ができる、というのは気持ちが良いものだ。

それが家の近所であり

オーナーさんと顔なじみになったということであれば、なお気になる。


大田原市浅香。

国道461号線ぞいに

10月9日オープンした。


ナチュラルベーカリー和音。



オープン前日の夕方。

その準備の様子に密着した。

PA081120_R.jpg

花壇も整い

準備はばっちりのようだ。

PA081124_R.jpg

店内。

花が続々届けられていました。

PA081126_R.jpg

雑貨も取扱い。

PA081128_R.jpg

白河の「2 POT」さんのジャムもあります。

PA081129_R.jpg

おや、作業用の布帽子。

これはおもしろい。

PA081130_R.jpg

自然食品販売「bio. plants」さんの商品も置いてあります。

PA081131_R.jpg

お花も届いていました。

PA081133_R.jpg

慌ただしさのなかにも

こつこつと作業が進行してゆきます。

当日にどんな変化となるかが楽しみです。

PA081137_R.jpg

食パンのスタンバイ。

PA081140_R.jpg

「リネア」さん発見。

そう

このお店は

今年の春まで那須で「パンの店リネア」として営業していた名店。

大田原の地で装いを新たに出発です。

*********

そして・・・


「おはようございます」

10月9日。

時間は午前7時30分。


この慌ただしい時間に

僕・・・来ちゃいました(笑)

PA091145_R.jpg

前面。

PA091149_R.jpg

入口にはオーナーのあいさつメッセージが。

PA091151_R.jpg

ラストスパート中。

PA091152_R.jpg

ポイントカードもあります。

もちろん、僕も持ってますよ。

PA091154_R.jpg

お花、そろいました。

PA091156_R.jpg

おすすめの「食パン」は180円。

とても、もちもちしていて

そのままでも甘い味わい。

PA091158_R.jpg

レーズンクルミ。

ややブレましたけど・・・

PA091160_R.jpg

ピザは8時30分に1人目のお客様がお選びになりました。

PA091161_R.jpg

カワイイあげパンもあります。

PA091162_R.jpg

ハムチ。

ネーミングに負けてお買い上げです!

PA091165_R.jpg

シフォンケーキもあります。

PA091167_R.jpg

オープンしたてのころは女性客が圧倒的に多く

一人がお会計をすると

また入ってこられる感じ。

お花が置いてあるので3人でいっぱいになります。

PA091168_R.jpg

おすすめのアンパン(小倉・130円)も買いました。

これ、おすすめです。

PA091169_R.jpg

後から並んだときに「これがいい」とすぐに売れた「パンちく」。

ちくわの中にチーズが入っています。

おいしいです。

PA091174_R.jpg

オーナーの南部さん。

いろいろ撮影のご協力ありがとうございました。


お店は日曜日が定休で

朝8時30分からの営業。

※ 2013年3月現在、オープンは9時から、定休日は「月曜・火曜」に変更となっています※

クローズは

現在、売り切れのペースが速いため

あえて告知をいたしません。

(初日は15時ころに完売してしまったそうです)


となりには「産直・あさか」さんが農産物を販売しています。

あわせてご利用くださいね。

10月9日オープン 独占密着「パン屋さんができるまで」

夏に地元の商工会議所の勉強会に参加した際に出会った男性がいる。

大田原でパン屋を開くらしい。

しかも、うちの近所。


口数の少ないオーナーさんではあったが

勉強会の最後の最後にごあいさつができ、

オープンまでの取材を快く引き受けてくれた。


10月9日。

まさに本日、パン屋さんはオープンするのだが

これまでの道のりを簡単に振り返ってみたいと思う。


P1190904_R.jpg

カメラをもって初めて訪れたのは9月8日。

まだ場所も定かでないとき。


ご覧のとおり「そば」の名前が残っていて

中は空にはなっているものの

主の姿がなく、確認ができない。

P1190905_R.jpg

ここと断定できたのは横にある「ポスト」。

ちいさく名前が記されていた。


この日から

時間がある限り

僕はカメラを写し続けた。

P1190906_R.jpg

外観は黒のまま。

P1190907_R.jpg
正面。

P9260649_R.jpg

9月26日。

保健所の許可が下りたとの一報で現地へ。

看板も変わっておりました。

P9260651_R.jpg

正面。

塗装も店のカラーに変更されていました。

P9260652_R.jpg

「ナチュラルベーカリー和音」のマーク。

パン屋さんです。

P9260654_R.jpg

店内の様子。

P9260655_R.jpg

カウンターのデザインはオーナーの自家製です。

P9260661_R.jpg

ヨコ。

国道461号線、野崎方面から大田原市街地に向かう側。

P9260664_R.jpg

工房内。スタッフさんと訓練中。

PA030836_R.jpg

10月3日。

ジュースが納入されています。

PA030837_R.jpg

レジも置きました。

PA030841_R.jpg

戸のガラスにはおしゃれなデザインが。

PA030842_R.jpg

工房内に許可をいただき、初めて立ち入り。

PA030843_R.jpg

試作品がずらり。

PA030845_R.jpg

外観。

PA030849_R.jpg

看板に照明もつけられています。

PA030850_R.jpg

正面。

最後の追い込みです。

そして・・・

PA081119_R.jpg

画像はオープン前日の10月8日夕方。

花環が届いていました。

なかは

当然、慌ただしく動いています。

この続きは明日。

自然なたべもののお店「Bio.plants」

トライアル大田原店の南側、

もとのジーンズショップがあった場所に期間限定の「お試しショップ」がオープンした。

「自然なたべもののお店」

Bio.plants。

「ビオ・プランツ」と読む。


那須で開催されるマルシェに出店していたオーナーさんが

初めて「店舗」を持って販売に挑戦しています。


今回は

どんなお店なのか簡単にご紹介したいと思います。

PA010790_R.jpg

商工会議所主催の勉強会「創業塾」の生徒さんのお店です。

PA010791_R.jpg

ちっちゃな休憩スペースがカワイイ。

PA010794_R.jpg

このパンは

同じく商工会議所主催の勉強会に参加されていた生徒さんが

別の場所でこれからオープンされるパン屋さんの商品を

なんと「オープン前に」ここだけでしか手に入らないという「ほぼ独占販売状態で」

納入しているというもの。


食パンのもちもち感は格別。


一度ご賞味ください。

※なお、こちらのパン屋さんについてはオープン直前に特集を組んでおりますのでご期待ください。

PA010795_R.jpg

アジア学院さんの卵もあります。

PA010797_R.jpg

そして

同じくアジア学院さんのコーヒーもあります。

PA010798_R.jpg

「キンワ」ってご存知ですか?

こまーかい粒なんですが

和えて食べると不思議な食感です。

※こちらは試食ができます。

PA010799_R.jpg

拡大するのを忘れてしまいましたが

珍しい「天然炭酸水」というものもあります。

日本でも数か所でしか生産されていないそうです。

PA010801_R.jpg

マカダミアナッツ専用殻割器。

PA010802_R.jpg

「県北ではここでしか手に入らない」という「殻つきマカダミアナッツ」。

PA010803_R.jpg

事前のサンプル調査では一番人気があったのが

「カムカムカール」という味付きこんにゃく。

珍味というやつです。

PA010804_R.jpg

こちらビオ・プランツさんの専門は「ケフィア」。

店舗の制約上、すぐ食べられる生ものは置けないということで

ひっそりと販売しています(笑)

PA010805_R.jpg

きっと珍しいものに会えるかもです。

PA010806_R.jpg

たんぽぽコーヒーもあります。

知っている人はいるようですが僕は初めて知りました。

PA010811_R.jpg

ちいさな店舗ですがぎゅっと詰まっています。

PA030853_R.jpg

お店のチラシです。

ぜひ一度足をはこんでみてくださいな。

大田原商工会議所主催・創業塾・塾生によるお試しショップオープン!

2012年夏。

大田原商工会議所が主催する起業を目指す人の勉強会に参加した。

「自分の会社を作りたい」

そんな夢をもった年齢も、職歴も異なるメンバーが集まり

プランを練ってきた。

その中から

希望する2名が

期間限定の「お試しショップ」を開設した。

これから3か月の間、

どんな展開になるのか

同じ塾生として

追ってみたいと思う。

P9170531_R.jpg

9月17日。

2店のうち一つのブースには

開設に向けた準備作業が進められていた。

P9170535_R.jpg

まだ、何もありません。

これがスタートです。

P9170536_R.jpg

ちょうど休日ということもあり

オーナーの娘さんもお手伝いに来ていました。

手作り感が初々しさを強調させます。

P9260666_R.jpg

9月26日。

オーナーは不在でした。

前回、外側をアピールするためのアドバイスをさせていただき

少し改良されていました。

「NOA企画」。

10月1日のスタートです。

P9260670_R.jpg

物品の販売ではないので

「外出」が多い。

そのため、事務所はこの案内が欠かせません。

P9260672_R.jpg

もう1店は「自然食品」のお店。

不在でしたが

少しずつこちらも準備は進んでいる様子。

P9260673_R.jpg

ゼロからの出発。

応援する側も気合いが入ります。


そして今日・・・

10月1日。

オープンを迎えました。

PA010782_R.jpg

場所はトライアル大田原店の南側。 屋上駐車場に入れない側です。

駐車場はトライアルさんに止めると楽です。

PA010785_R.jpg

「NOA企画」。
PA010787_R.jpg

求人情報サービスの会社です。

オーナーさん一人でのスタート。

PA010790_R.jpg

そして

「Bio.Plants」

読み方は「ビオ・プランツ」。

以前は那須町の「大日向マルシェ」などに出店していたそうです。

店舗での販売は初めて。

ドキドキのスタートです。

PA010808_R.jpg

オープンのあいさつにお邪魔していたら

関係者が続々集まってきました。

PA010811_R.jpg

店内の様子。

小さなスペースですが

面白い商品がありました。

PA010800_R.jpg

「県北ではここだけ」

さて、どんな商品でしょう?

気になります。

PA010809_R.jpg

定休日は水曜日と土曜日。

お間違いなく。

明日は商品について少しご紹介したいと思います。

続く

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。